GOOD SMILE

スポンサードリンク

MNPの手順

スポンサードリンク



 

・MNPってどうやるの?

携帯電話会社を変える時に電話番号をそのままにしたい。

そういった時に利用するのがMNP(Mobile Number Portability)という制度です。MNPを利用すればそれまで使っていた電話番号を次の携帯電話会社でもそのまま使うことが出来るので、周囲に変更の連絡などをする手間を省く事が出来ます。

ここではどうすればMNPを利用出来るのかを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



 

・予約番号を取得する

まずはじめにMNP予約番号というものを手に入れる必要があります。

これは現在利用中の携帯電話会社のショップに行き、MNPを利用したいので予約番号が欲しいということを伝えると取得する事が出来ます。

しかしドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア以外を利用していたり、地方に住んでいる方などはショップへ行くのはなかなか難しいので、そういった場合は電話やインターネットといった方法でも取得する事が出来ます。

注意しなければならない点は、MNP予約番号には利用期限があり、15日以内に利用しなければ使えなくなってしまうという点です。

予約番号の取得は無料なので、期限が過ぎてしまっても再度取得すれば問題はないのですが、取得する際の手間を考えると乗り換える直前に取得するのが良いかもしれません。

 

・乗り換え先と契約をする

予約番号を取得した後に乗り換え先と契約をしましょう。

この契約の時に予約番号が必要になってきます。

ショップで契約をする時は、店員さんにMNPを利用したい事を伝えるとMNPを利用した契約をしてくれます。

インターネットで契約をする場合は注意が必要で、新規契約とMNPを利用した契約で分かれている事があります。

しっかりとMNPを利用するかしないかの所を見落とさないようにして契約をしないと、最悪の場合MNPを利用しないで契約をしてしまうこともあるので気を付けてください。

 

・MNPを利用した場合にかかる手数料は?

MNPを利用すると解約する携帯電話会社へ転出手数料を、新規契約する携帯電話会社へ事務手数料を支払う必要があります。

携帯電話会社によって料金が異なりますが、だいたい5千円から6千円程度だと考えておくと良いと思います。

携帯電話会社のキャンペーンなどでMNP手数料を携帯電話会社が負担してくれるキャンペーンなどもあるようですので、そういったものを探して手数料を浮かせるという方法もあります。

スポンサードリンク



 

・今までの番号を使えるメリットは多い

いかがでしたでしょうか。

多少お金や時間などがかかってしまいますが、知り合いなどが多い人にはMNPはとても便利な制度です。

いままで使っていた番号に愛着がある方にもおすすめですし、決して難しい事をするわけではないので、携帯電話会社を変える際はMNPを利用するのを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク