副業選びで失敗しない方法

 

2018年は副業元年と言われているそうで、ソフトバンクや花王、日産自動車、パナソニック、ロート製薬など大手の企業が次々に副業を解禁しています。

その割合は何と、5社に1社。もはや、副業は当たり前の時代になってきました。

副業がアルバイトやパートの場合、1年間で収入が20万円以下の場合は確定申告する必要はありません。

副業がクラウドソーシング、内職などの場合、所得が20万円以下であれば確定申告する必要はありません。

所得とは売り上げから経費を差し引いたお金のことです。

副業でアルバイトやパート、それ以外の両方をしている場合は合わせて20万円以下なら確定申告する必要はありません。

 

初心者向けのスマホ副業でおすすめなのは、ポイントサイトやアンケートモニターです。

すき間時間にできて、誰でも簡単にできます。

また、時間がある人はデータ入力(クラウドソージング)、フリマアプリ、オークション出品代行、ブログ記事代行などもおすすめです。