月別アーカイブ: 2014年4月

苦によって税金は違う だから、俯瞰の目が必要

国によって税金は違います。


これは家計よりもビジネスをする上で重要なポイントになります。


ヨーロッパにはルクセンブルグという国があります。


ここにはこぞってIT企業が集計津しているのです。


理由は付加価値税の低さ、日本の消費税にあたる税金が安いんです。


 


EU加盟国であるルクセンブルグには、加盟国として公平性を持つように勧告されているが同国は無視。


 


ついに代わりに消費国、販売国で課税する仕組み意向が始まっているようです。


企業にうまみがなくなるわけですね。


 


IT、グローバル化で、どこで課税するかは戦争のように議論されています。


国境がなくなるネット取引、徹底的に税を取りたがる考えはあさましいとしか言いようがありません。


税金が正しく使われるのであればいいのですが、まるで取締りをぬけられたプライドを傷つけられたとばかりに税金徴収に走るのはどうかと思いますね。

外国のお金を日本で作っている

今バングラデシュのお金を日本で作っている。


日本では電子マネーが普及し、お金の現物を作る量が減っているからだ。


作っているので硬貨。


生産量が減って機械の稼働率が下がっているので、無駄をなくし、利益をあげるため外国のお金を生産しているということ。


 


お金を作るということはそれだけお互いの信頼関係があるという証拠でもある。


とてもいいことだ。


 


お金を作る技術は、特に日本はお札の印刷技術が優れている。


素人でも海外のお札と比較すれば一目瞭然だ。


このようにお金の世界にも日本の技術力が活かされているのは日本人として喜ばしい事。


いつかバングラデシュに行くことがあれば是非、硬貨をじっくりと眺めてほしい。