GOOD SMILE

スポンサードリンク

英検の過去問

スポンサードリンク



 

英検の階級

英検には「5級」・「4級」・「3級」・「準2級」・「2級」・「準1級」・「1級」の7つの級があります。

英検は1年間に3回実施され、年間250万人を超える人たちが試験を受けています。

試験会場も多く、受験がしやすく子どもから大人まで幅広い年齢の方が対象で誰でも受けることができます。

スポンサーリンク



 

英検5級過去問

英検5級は中学初級程度のレベルとされ、英語の基本の級です。

小学生や中学生が受ける人が多いです。

英検の過去問は、試験終了後1週間経つと英検の公式サイトで公開されるので、無料で見ることができます。

また、リスニングテストも無料で聞くことができます。

一次試験の問題と解答をPDFでダウンロードできます。

過去問は2018年第1回・2017年の第2回と第3回が見られます。

英検検定5級のおすすめ本は「旺文社」の過去問シリーズです。

じっくり取り組みたい方向けは『2018年度版 英検5級 過去6回全問題集』(CD別売り)、短期で学習したい方は『2017年‐2018年対応 短期完成 英検5級 3回過去問集(CD付)』を試してみるといいですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

英検4級

英検4級は中学中級程度のレベルとされ、こちらも基礎の内容ですが、試験には筆記とリスニングに加え、「スピーキング」も加わります。

しかし、スピーキングテストは、合否には影響しませんので、身構えなくても大丈夫です。

英検4級も5級同様、過去問を解くのが、効率のいい勉強法でしょう。

ウェブサイトで直近3回分の過去問を見ることができます。5級同様、無料で見られます。

 

英検3級

英検3級は中学卒業程度のレベルとされ、筆記試験が登場してきます。

過去問をひたすら解くだけでは対策として甘いでしょう。

英作文の練習が必要になってくるので、たくさん書く練習をしましょう。

『英検3級 出る順パス単 書き覚えノート』を使うといいですよ。

英検のサイトでは、過去問が見られるだけではなく、解答用紙の記入方法も見ることができます。

スポンサードリンク



 

英検準2級

準2級は、高校中級程度のレベルとされています。

入試優遇や単位認定、センター試験対策にもなります。

1次試験や2次試験の試験問題や解答だけではなく、ライティング問題用教材もPDFをダウンロードできます。

 

英検2級

英検2級は一次試験(筆記とリスニング)と二次試験(面接形式のスピーキングテスト)に分かれています。

日本英語検定協会のサイトに一次試験各1年分(3回分)の過去問が載っています。他の級同様、無料で見られます。

スポンサードリンク



 

日本語を第一言語としない人のために

日本語を第一言語としない外国籍の英検受験生の人は、英検2級~5級の過去問題を翻訳したものをネットでダウンロードして見ることができます!

中国語・英語・韓国語・朝鮮語・ポルトガル語が翻訳されています。

 

全国商業高等学校協会の英語検定

全国商業高等学校協会は「全商(ぜんしょう)」と略されることがあります。

全商は、日本英語検定協会の実施する英検よりも難易度が低い検定試験です。

階級は1級~4級の4段階あります。過去問は全商のサイトで見ることができます。

また、全商は実教出版より試験問題集も出しています。

スポンサーリンク