苦によって税金は違う だから、俯瞰の目が必要

国によって税金は違います。

これは家計よりもビジネスをする上で重要なポイントになります。

ヨーロッパにはルクセンブルグという国があります。

ここにはこぞってIT企業が集計津しているのです。

理由は付加価値税の低さ、日本の消費税にあたる税金が安いんです。

 

EU加盟国であるルクセンブルグには、加盟国として公平性を持つように勧告されているが同国は無視。

 

ついに代わりに消費国、販売国で課税する仕組み意向が始まっているようです。

企業にうまみがなくなるわけですね。

 

IT、グローバル化で、どこで課税するかは戦争のように議論されています。

国境がなくなるネット取引、徹底的に税を取りたがる考えはあさましいとしか言いようがありません。

税金が正しく使われるのであればいいのですが、まるで取締りをぬけられたプライドを傷つけられたとばかりに税金徴収に走るのはどうかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>