外国のお金を日本で作っている

今バングラデシュのお金を日本で作っている。

日本では電子マネーが普及し、お金の現物を作る量が減っているからだ。

作っているので硬貨。

生産量が減って機械の稼働率が下がっているので、無駄をなくし、利益をあげるため外国のお金を生産しているということ。

 

お金を作るということはそれだけお互いの信頼関係があるという証拠でもある。

とてもいいことだ。

 

お金を作る技術は、特に日本はお札の印刷技術が優れている。

素人でも海外のお札と比較すれば一目瞭然だ。

このようにお金の世界にも日本の技術力が活かされているのは日本人として喜ばしい事。

いつかバングラデシュに行くことがあれば是非、硬貨をじっくりと眺めてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>